山梨県の医学部受験を考えた理由

医学部受験は予想していなかった

医学部を受験するというと一般的に、医者の家系であったり、そうでなくても、中学生くらいから将来の夢は医者になりたいと思って塾に入ってずっと勉強を続けるのが一般的な例です。
でも、息子は突然、高校2年の終わりに医学部受験を許してほしいといってきました。
もともと息子の通っている高校は受験校なので、難関大学を受験するだろうという心づもりはしていましたが、医学部受験は予想していなかったのでかなり、驚きましたし、内心心配しました。
というのも医学部受験というのは最難関といわれています。
国立の場合募集人数は100人前後という狭き門だということと、センター試験でも9割程度は得点しておかないと、二次試験でも安心していられないことになります。
さらに二次試験でもかなり高得点獲得の争いになるので、失敗が許されないということと、そもそもセンター試験は科目数も多いので、苦手な科目のある人はまず9割など得点できるはずもないです。
では私立医学だったら科目も少ないから問題ないだろうと思うでしょうがそれは違います。
倍率が高いということと、学費の問題があります。
私立の場、安くても6年間で3000万円はかかります。
そんな学費は一般家庭の我が家には無理です。
ですからもし目指すとしても国立のみですし、それには相当の学力と強運がなければ無理なのです。
ただ高校3年が目前という時期だったので、いろいろ考えている暇もないということで、息子自身、かなり追い込んで日々の勉強をやっていました。
よくピーンという糸がみえるといいますが、実際にセンター試験後の息子からは、はりつめた空気が漂っていましたし、本当に死に物狂いで勉強している雰囲気がわかりました。

医学部受験は予想していなかった | センターで失敗してしまったので

河合塾 | 学習空間プラス | 東進ハイスクール | 山梨予備校 | 秀英予備校